むくみ解消に効果的な栄養素は?ビオチンってなに?

vb1 ビューティ


朝起きたら顔が腫れぼったい

「あれ?なんだか今日は顔が腫れぼったいかも!」

朝、鏡を見たときに、そう感じたことがある方は少なくないでしょう。

腫れぼったいまぶた、二重あご、輪郭がたるんでいる、顔がぱんぱん…。
こういったお顔の悩みやトラブルの原因は、「むくみ」によることが多いんです。

むくみとは

簡単に説明しますと「むくみ」とは、リンパ腺や静脈の働きが鈍ることで、血液の中に含まれる水分が排出されず、皮膚の下に溜まっている状態のことです。

「浮腫(ふしゅ)」とも呼ばれ、デスクワークや立ち仕事で働く女性をはじめとし、妊婦さんにも起こりやすい症状ですね。
私の知人も妊娠中、片方の足が別人のように大きく膨らんでいました。

むくみは放置すると大変

むくみ」の大きな原因は、塩分・水分や、アルコールの摂取しすぎによるものと言われています。
しかし、ストレスや過労によるものや内臓疾患に起因している場合もありますので、放っておくと大変なことになります。

むくみ」は慢性化すると、老廃物や脂肪分が固まった「セルライト」に変質し、太りやすい体質になってしまいます。
女性の手足やお尻にできやすい「セルライト」ですが、顔に出きることもあるので、「なんか顔が腫れぼったいなぁ」と状態が続くと危険ですね。

むくみ」を解消するためには、身体の基礎代謝を高めて、老廃物を排泄しやすい体内環境をつくることがだいじです。

むくみを取りたいっ!

ここでは、「むくみ」解消に役立つ栄養素について説明していきます。

「ビオチン」

あまり耳にすることはないかもしれませんが、ビオチンは水溶性のビタミンで「ビタミンB群」に分類されているものの一つです。
皮膚炎の予防因子として発見されたのが始まりで、むかしから皮膚病の治療に効果があると言われてきました。

「ビタミンB群」には、豚肉や海苔、ゴマに多く含まれている「ビタミンB1」、レバーや牛乳に含有量が多い「ビタミンB2」、干しシイタケやカツオ、イワシに豊富に含まれる「ビタミンB6」などがあります。
これらは、皮膚疾患に有効とされているほか、体内の水分の代謝を向上させる効果もあり、水分が皮下組織に溜まる「むくみ」の予防には欠かせない栄養素と言っていいでしょう。

「ビタミンC」

みなさんもなじみ深い「ビタミンC」は、檸檬や蜜柑などの柑橘類や、カボチャ・ピーマンといった緑黄色野菜に多く含まれています。
こちらは、ストレスや過労が原因で不足しがちになります。

まとめ

ビオチン」と一緒に「ビタミンC」を摂取すると、「むくみ」の解消効果も高まりますよ!
ビタミン」を賢く摂取して「むくみ」を解消し、憧れの「小顔」を目指しましょう。

ビオチン ビタミンc サプリ 180粒(約6ヶ月分) 女性の 気になるトラブルやスキンケアに ビタミンH アスコルビン酸 美容サプリメント nichie ニチエー RSL

価格:2,180円
(2020/2/24 09:48時点)
感想(273件)

コメント